カフェ英会話やってみた!レッスン内容は?個人レッスン体験談

英会話を学ぶ方法としてメジャーになっているカフェ英会話

始める前は少し緊張しますよね。
個人レッスンのカフェ英会話の雰囲気ってどんな感じ?
内容は?テキストは要るの??

スポンサーリンク






私は今まで体験レッスンも含め3人の先生にカフェ英会話個人レッスンをしてもらいましたが、
ほんとに先生によって様々です!
でもみんな一貫してフレンドリーでした!

3人の先生にカフェ英会話個人レッスンをしてもらい、
そのうちの一人の先生に決めました。

ff

先生の探し方や飲み物代、交通費はどちらが負担するの?
カフェ英会話個人レッスンのシステムについてはこちら

 

シャイで優しいカナダ人先生
一人目は体験レッスンのみ。
私にとって初めてのカフェ英会話のレッスン!

この先生は日本語がほとんど分からない先生で
体験レッスンの打ち合わせも英語で連絡を取っていました。

体験レッスン当日、ドキドキしながら待ち合わせ場所へ。
待ち合わせ場所は都心じゃない結構マニアックな駅なのに意外と外国人が多く
外国人が通るたび、そわそわしてたけど待ち合わせ時間になっても来ない、、、
不安になる。

と、先生から電話が!

先生が待ち合わせ場所を勘違いしてた笑
(こういうときのために電話番号はお互い伝えておいた方がいいと思います)

15分後無事会えました!
ちょっとシャイなかんじのでも優しそうな女の人。
無事会えたことに安心しながら
レッスン開始!
事前に何を勉強したいとかも話していなかったので、
テキストを持ってきてくれてテキストに沿って一時間レッスン。

どんな内容だったかは正直あまり覚えていない笑
家族の話とかだった気がする。

先生もいい人だったし、なにも悪いところはなかったんだけど
感覚的にあまりしっくり来なくて体験レッスンで終わりました。


明るくキュートなデザイナー先生
二人目はデザインの仕事をしている女の先生
ものすごく明るくてハッピーオーラのでてる可愛い人でした。

この先生は日本語は多少出来るようでしたが、
出来る限り英語を使いたかったので、
体験レッスンについてのメールのやり取り、レッスンも全て英語でした。

この先生は体験レッスンの前に
どんなことを勉強したい?
って聞いてくれたので、
ファッションの現場で使える英語を勉強したい!とリクエストしました。
(私はファッションの仕事をしていて、イギリスでもファッションの仕事をしたいので。
でも今思えば完全に日常英会話が先でした、、、!)

そしたら、好きなファッション雑誌を持ってきてね!といわれ
持参してレッスンへ。

レッスン内容はファッション雑誌を見ながら
この服の特徴を説明してみて、とかディテールの用語、縫製用語とかを英語で言ってみる。

楽しかった!
先生もデザイナーという同じ業界で話が合うし、その業界の用語も知ってるし楽しい!
この先生に教わりたい!

ってことで次回以降も宜しくお願いします、と伝え次のレッスンの予定を決めてその日は終了。

しかし、私が二回目のレッスンを受けることはありませんでした。。。
私がやらかしました。。。

二回目のレッスンの日、朝まで徹夜して、
レッスンの時間は夕方17時。それまで寝ようとベッドへ。

誰かからの着信で起きる。

その瞬間、血の気が引きましたw
なんと携帯に写った時間は17時10分、、、!!!!
着信は先生から!

寝坊した!!!
あわてて事情を説明し本当に申し訳ないと謝りました。。。
先生は、いいよわかった、また今度ね。
と言ってくれて
自己嫌悪に陥る。

改めてメールで謝り、できれば別日程でレッスンして欲しいと連絡してみました。
いいよ!って言ってくれて、2週間、国に帰るからそのあとで!ってことになり

そのあと連絡つかず、、、

よってこの先生も体験レッスンのみでした。。。
これは120%私が悪い。
せっかくの縁を私の寝坊で失ってしまいました。。。


クールで真面目なイギリス人先生

三人目の先生は自分が今何を一番勉強すべきか考え、
やはりまずは日常英会話だなと笑
そしてイギリスに行くのだからイギリス英語を学びたい!
と思いイギリス人の先生を探すことに。

これが意外といないのですよね、イギリス人。
いても場所が遠かったり、、

何人か見つけて、
写真が優しそうなことと、先生歴が長い人に体験レッスンを申込。

今度は男の先生で真面目そうな、でもフランクな先生。

この先生もテキストを持ってきてくれてそれに沿ってレッスンをしたのだけと、
テキストもイギリス英語だったのでテンション上がる!
そして教え方が今までのどの先生より上手くてわかりやすい!

後から知りましたが、非常勤で中学で英語を教えている先生でした。
なのである程度は日本語も話せる先生で、
メールもレッスン中も全て英語でしたが、
私がどうしても分からない時だけ日本語でヒントをだしてくれました。

体験レッスン開始10分でこの人にしよう!と決め、
この先生には1年ほど教わることになります。
ビジネス英語も教えていたり、たくさんの生徒さんがいるそうでカリキュラムがしっかりしてる。

二回目以降のレッスンは、
最初の3分間自分が興味あること、好きなもの、なんでもいいからプレゼンテーションしてね、
そのあと10分一緒にそれについてディスカッションしよう!というかんじでした。

なのでレッスン前には、
ある程度話したいテーマについて考え、それについてわからない単語は調べていきました。

これが結構難しかった!
日本人ならではのプレゼンテーション下手と、いざ話すとなると文がでてこない、、、
でも同時にとても楽しかった!レッスンの中で一番好きな時間でした。

欧米、ヨーロッパでは自分の意見を言ってなんぼですが、
日本の文化や習慣として自分の意見をプレゼンテーションをする場が極端に少ないと思います。
私もそんな日本人らしい日本人になってしまっていて
日本語でもきっとこの3分間は難しく感じたかもしれません。
日本を出たいなら、これを当たり前にできるようになろうと強く思いました。

残りの50分は先生が用意してくれたテキストにそってレッスン。
文法やイディオムメインのレッスンでした。

ところどころ雑談を含めながらテキストを進めていき、
時間が足りなかった問題は宿題となっていました。

実際のテキストはこんなかんじ。

gg

イギリス人の先生とカフェ英会話を続けて一年くらいたった頃、
仕事が忙しくなかなかレッスンの為に外にいくのが
めんどうになってしまい辞めてしまいました。


長々と3人の先生のレッスンについて私の体験談を書いてみましたが、
これからカフェ英会話で個人レッスンを始めようかな、と思っているけど
なんか不安だなーて人に参考になれば嬉しいです!

ちなみにテキストはいつも先生側が用意してくれましたが、
自分で使いたいものがある場合は相談して持参すれば
対応してくれると思います。


不安でも行けばなんとかなります!

ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!

スポンサーリンク






スポンサーリンク



コメントを残す