日本のことを英語で説明できますか?

eigodesethumei1

 

先日知人にこんな本をもらいました!
これを英語で説明できますか? 外国人が知りたいニッポンの不思議

これが意外とおもしろい笑

 

例えば
There are no more samurai.
もう、侍はいません。笑

この言葉を使う場面があるかはあやしいところですが!笑
いつもの英語勉強に少し疲れたとき気分転換の意味で使っています。

スポンサーリンク






日本語をまず読んで、英訳してみる。
それから英訳を見て確認して、再度日本語から英訳してみています。

日本語のニュアンスって独特なものがあるので、
そのニュアンスをどう英語にするか。
なるほど!と思うことが多いです。

通常のテキストだと、内容が日本のことがベースになっているものは少ないので
言い回しや英訳もでてきやすいですが、
日本のことベースだと、これはどう訳せばいいのか?と思うことが多々。

つくづく言語は文化だなぁと思います。
文化や生活、概念の上に言葉ある。
同じことを伝えるのでも、言語が違うと少しニュアンスが変わってくるように
言葉の背景には文化があるのだなぁと思います。

例えば’甘え’という言葉は日本語にしかないのだそうです。
他の国には’甘え’に該当する言葉がない。
似たような意味の言葉はあるけれど日本語の’甘え’に相当するしっくりくる言葉はないそうです。
それは’甘え’という言葉はが日本の文化独特のものだから。

 

話がそれましたが!笑

 

内容をちょこっと。

本はこんな感じ。

 

eigodesethumei2

eigodesethumei3

例えば

‘困ったときは神頼みをします。’

英訳すると、
‘We play only when in trouble.’

確かにそうだけど笑
なんかニュアンス違いますよね。
それと同時に、なるほど、こう訳すか!という面白さもあります。

この本は筆者がアメリカ人なのでこういう風になるのかな~と。
日本人が訳したら日本の文化がベースにあるので、また違った訳し方になるんじゃないかな、と思います。

他にも
‘日本はまだまだタテ社会と言われています。’

英訳すると
‘Japan is still known as a hierarchical society’

これはしっくりきます。

 

おもしろいのが、
‘おぬしも悪よのう。苦しゅうない、近うよれ’
‘You’re evil too.Relax and come closer.’

笑っちゃいます。

おもしろけいばかりではなく、真面目な内容も。

日本の国旗は白地に赤い丸の、通称日の丸。名前の通り、赤い丸は太陽を意味する。江戸時代の商船で使われていたものを取り入れた。

The japanese flag is a red carcle on a white baskground,and it’s called himomaru.As the name suggests,the red circle represents the Sun.It was adopted as the national flag for merchant ships during the Edo Periond.

 

江戸時代の商船で使われていたものからとは知らなかった。
ちょいちょい勉強にもなります。

 

ちょっとしたおもしろさもあるので、いつもの勉強に疲れたときなんかにも
いい本かな~思います。

 

余談ですが、先ほどちょっと話した’甘え’の話。
「甘え」の構造という本がとても面白いです。
一冊、まるごと日本人独特の’甘え’という概念について書いています。
日本人の本音と建前についてなども。
私は日本のタテ社会とか本音と建前とかの風習が好きじゃないのですが、
どういう心理からくるのか、時代背景等も書かれています。
1971年とかなり前にかかれたものですが、今読んでも全く違和感なく読めます。

好きな方は好きな本です笑
特に哲学が好きな方にはおもしろいと思います。

ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!

スポンサーリンク






スポンサーリンク



コメントを残す