ロンドンから郊外へ!価格重視ならコーチがおすすめ 乗り方とチケット購入方法

ロンドンから郊外や地方に行くとき、価格重視で行くなら長距離バスがおすすめです!

イギリスにはCOACH(コーチ)と呼ばれる長距離バスがあり
ロンドンから郊外はもちろん、エディンバラを代表するスコットランド、北アイルランドなどのイギリス国内全土や、パリなどヨーロッパ諸国まで行ける国際線もあります。

スポンサーリンク






バスなのでもちろん時間はかかりますが料金を抑えたいならおすすめ。
また夜便なら車内泊なので宿代も節約できます。

(お金がかかっても早く行きたい!電車旅をしたい!って方はチケットをレイルヨーロッパジャパンでオンライン予約すると当日券より安く購入できます。)

victoriacoachstation

コーチのチケットの買い方

コーチは主にNational Express(ナショナルエクスプレス)とMegabus(メガバス)の2社がメインです。

チケットを買う方法はヴィクトリアコーチステーションのチケットカウンターで買うか、インターネットで買うかです。

チケットは両社ともWebサイトから事前に購入できます。
たまにキャンペーンでチケットが安くなっていたり、早割していたりするので予定が決まっている方はインターネットで事前購入するとより安くチケットが手に入ることがあります。

というか私の経験から絶対にインターネット購入がいいです!深夜便の方は特に!
理由は後述します!(早く読みたい方はこちら)

インターネットで購入した方は購入完了後、必ずチケット画面を印刷してください。
それがそのままバスチケットになります。

☆プリントアウトできる環境にない方はチケット画面を印刷できない為必ずチケットカウンターで購入してください。

私は一度、ロンドンにいるときにインターネットでチケット購入し、

‘プリントアウトしてください’

と書いてありましたが
印刷できないしまぁ予約画面みせればなんとかなるだろ!と無視したら、
画面を見せても

‘これは印刷しないと無効よ’

と言われ買い直したことがあります。。。
お金払ったのに、まじで辛かったです笑

コーチバス乗り場

Victoria Coach Station(ヴィクトリアコーチステーション)というコーチ専用の駅から各地に行くバスが出ています。

地下鉄のVictoria Station(ヴィクトリアステーション)の近くですが、 この駅とは別の駅なのでお間違いなく。

コーチ専用の駅ですがかなり大きいのですぐに見つけられます。

ロンドンからコーチで行ける場所

ロンドンからイギリス国内だけでも多くの路線が出ています。

イングランド行き
カンタベリー/ドーヴァー/ペンサンス/ソールスベリー/バース/ブリストル/オックスフォード/バーミンガム/コヴェントリー/ノッティンガム/ケンブリッジ/ストーク・オン・トレント/チェスター/リヴァプール/マンチェスター/ウィンダミア/ヨーク/リーズ

ウェールズ行き
カーディフ

スコットランド行き
グラスコー/エディンバラ/インヴァネス

北アイルランド行き
ベルファスト

コーチのメリット

所要時間はだいたい電車で行く2倍くらいの時間がかかります。
個人的には遠いところほどコーチを使うメリットは大きいと思います。

例えばスコットランドのエディンバラを例にすると

・電車  約£60 所要時間約4時間半
・コーチ 約£40 所要時間約10時間

料金的には2/3に抑えられ、時間的には2倍くらいかかります。

なぜ長距離な程コーチがいいかというと、
約10時間ので夜行便にすれば宿代がうきます笑
車内で寝ていれば着いてしまうので節約したい方はおすすめです。
電車に乗っても4時間半とかなり時間がかかるので日中4時間半とられるより
夜行バスに乗ると日中の時間も有効活用できます。

逆に言えばストーンヘンジのあるソールスベリーなど近郊の場合は3時間ほどで車内泊とはいかないので電車でも良いかもしれません。
これくらい近場になるとレイルヨーロッパジャパンでコーチより安い場合もありますので笑
適当に日付を入れて電車の料金を調べたところ1400円とかなり安かったです笑

salisbury-london

ロンドンからコーチに乗ってみた体験談

Victoria Coach Station(ヴィクトリアコーチステーション)

ヴィクトリアコーチステーションというコーチ専用の駅から乗りますが、
駅内は広く整備されています。
カフェやキオスク、スマホを充電できる場所もありました。

バスに乗るまでの待合室も室内なので雨でも問題なし。
バスの路線ごとに1番線、2番線と決められていてかなりの数があります。
電光掲示板があるので自分のバスの行き先と乗り場を確認してその付近で待ちましょう。
椅子もあるので座って待つことができます。

victoriacoachstation2

駅の雰囲気は治安が悪いわけではないですが夜の新宿駅のような雑多な雰囲気はありました。(私が利用したときは深夜便だったのでそのせいもあるかもしれません。)

チケットは事前購入がおすすめ

昼間便の方は当日購入でも大丈夫ですが深夜便の方は絶対に事前購入がおすすめです!
というのもヴィクトリアコーチステーションのチケットカウンターは22時で閉まります。

日本だったら多少時間が過ぎてもお客さんが並んでいたら営業時間を過ぎてもカウンターを開けていてくれそうですがロンドンはそうはいきません。
ピッタリ時間通りに閉まります。

実際、21時50分にくらいになっても20人ほど並んでいて到底全員が間に合うペースではなく、係員は間に合うといいね~なんて嫌味っぽく言っていましたが、、、
どうしても今夜いかなきゃいけないの、なんて泣きつく人もいましたがおかまいなし。
時間内に来なかった人が悪いと全て自己責任です。
時間内にカウンターにたどりつけなければ買えません。

なので深夜便の方は絶対に事前購入がおすすめです。 (繰り返しますが笑)

また昼便の方もチケットカウンターはいつも混んでいると聞くのでできるだけオンライン購入をおすすめします。

オンライン購入の場合はチケットを印刷して乗車時に係員に見せれば乗れるので、チケット引き換えの必要もないのでチケットカウンターに並ぶ必要はありません。

オンライン購入の場合は必ずチケットをプリントアウトしましょう!!
オンライン購入してもプリントアウトしていないと乗車できない場合があります!!
予約画面をスマホで見せても印刷が条件だからと取り合ってくれません。

なのでコーチはできる限りオンライン予約、
旅行中で印刷できる環境にない場合は必ず早めにチケットカウンターへ行きましょう。
チケットカウンターに並ぶ場合は21時には並んでいないと危ないと思います。
(できればもっと早めだと安心です。日本に比べてペースがめっちゃ遅いので。)

コーチの乗り心地

出発時間前になると乗り場のカウンターが空いてチケットを係員に見せて乗り込みます。

日本のように座席は決まっておらず早いもの勝ちです。

なので是非早めに並んで窓側をとると楽かと思います。
私の場合は窓側をゲットし幸い隣に座ったのが細身の韓国人だったのでストレスなく目的に着きましたが、やはり体格のいい人も多いので体格の良い人の隣しか空いていないと少し疲れると思います笑

私は深夜便でエディンバラまで利用しましたが、
途中のトイレ休憩は2回ほどあるとアナウンスされました。
実際のところ私は爆睡して一度も起きなかったのでどれくらいの停車時間があったかはわかりません。。。笑

個人的には騒音や匂いの不快感もなく爆睡できるほど快適に目的地まで着きました。
日本でもよく夜行長距離バスを利用しているので慣れていたからかもしれません。
なので日本でもよく長距離バスを使う方は問題ないかなと思います。

ちなみに盗難等のトラブルはありませんでしたが、
貴重品は窓側のお尻の下において盗りにくいようには工夫していました。

価格重視なら一度乗ってみてもいいと思います。
かなり旅してる感じを味わえます笑

ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!

スポンサーリンク






スポンサーリンク



コメントを残す