無計画イギリス女一人旅⑨ 涙が出るほど美しいセントポール大聖堂

この日はまずセントポール大聖堂へ。教会の空気感が好きで今までいろんな教会に行きましたが、セントポール大聖堂は一番好きな教会になりました。

私はキリスト教徒ではないですが、思わず涙が。

スポンサーリンク






St Paul’s Cathedralセントポール大聖堂
教会
最寄駅:St. Paul’s駅(Central線)
アクセス:St. Paul’s駅より徒歩二分
時間:月~土8:00~16:00 (日曜日はミサの為入れません)
料金:£16 学生£14 ガイドツアー、オーディオガイドは無料
HP:http://www.stpauls.co.uk/
独断と偏見によるオススメ度:★★★★★

セントポール大聖堂はダイアナ妃が結婚式を行った場所としても有名です。

キリスト教の使徒、聖パウロに捧げられた教会です。
サン・パウロを英語読みすると、、、セント・ポールになるのです。

駅を降りて少し歩くと美しいドーム状のセントポール大聖堂が。
白く美しい外観が目を引きます。

St Paul's Cathedral1

セントポール大聖堂の付近は観光客も多いですが、どこが空気が澄んだような静寂な雰囲気が漂っています。

St Paul's Cathedral2

ビルの間から覗く感じも好きで、この写真はお気に入り。

すぐ近くに吹き抜けの広場があり、そこは人もまばらでひと休みするのにおすすめ。
ゆったりとした時間が流れています。

入場料が£16なのですが、実は払った記憶がない。。。
たまたまこの日は入場料要らない日だったのか??

教会の中は写真撮影禁止なので写真はとりませんでしたが、一歩中に入ると高い天井と広さ中に漂う静けさに心がすーっとなります。

今まで私が行ったおそらく一番大きな教会はミラノのドォーモですが、それに匹敵するくらい広い。
ドォーモは厳格だけれど少し喧騒感がありましたが、セントポール大聖堂は’静’という感じ。
人はたくさんいるのに時間が止まったかのような静けさがありました。

私がセントポール大聖堂に魅了された大きな理由はたぶんパイプオルガン

この日はたまたまシェイクスピアの朗読会(たぶん笑)がやっていて、
牧師の朗読、聖歌隊、そしてパイプオルガン
英語はわからないものの、なんだか美しすぎて動けなくなりいつのまにか泣いていました。

自分の中の要らないものが全て洗い流されたような、自分気づかなかった感情が溢れでできたような不思議な時間。

セントポール大聖堂ではたまにこのような催し物をやっているようなので、HPでチェックしてみて下さい。

ちなみに、私はこのシェイクスピアに満足しすぎて心がいっぱいになり見ませんでしたが、ドームの付け根まで会談で上ることができ、ロンドン市内を一望できるそうです。次は絶対上ってみたい。
ロンドンに住んだらちょっと疲れた時に行きたくなりそうです、セントポール大聖堂。

他にも、地下にはネルソン提督など偉人たちのお墓があったり、
壁の反対側にいる人になぜか声が聞こえるという’ささやきの壁’があったりとみどころはたくさんあるようです。
(こういうとこに行くと入場料がとられるのか?次行ったらリサーチしときます笑)

その他のイギリス旅行記はこちら⇒無計画イギリス女一人旅|服とロンドン、そして世界

ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!

スポンサーリンク






スポンサーリンク



コメントを残す