ワーホリの必需品?!マネパカードは本当に必要なのか。

ワーホリで渡英するにあたり、皆さん気になるのがお金の持って行き方。
イギリスに来るにあたりウン十万と貯金していると思いますが、
まさかそれを現金で持って行くわけにもいきません。

渡英する前から仕事が決まっている人はごく少数だと思いますので、
仕事が決まるまでの間の生活費、そして家を借りるのにまとまったお金が必要になります。

そこでお金の持って行き方を調べると、ほとんどの方はマネパカードやキャッシュパスポートといったプリペイドカードを目にすると思います。

ワーホリといえばプリペイドカード!といえるくらいみんなが使っている印象がありますが、実際のところはどうなのか、そもそもどのようなカードなのかまとめてみます。

スポンサーリンク






manepacard-howtocarrymoney

マネパカード、ワーホリの必需品ってほんと?

私もワーホリでイギリスに来る前、お金の持って行き方について調べるとやはりプリペイドカードがヒットし、有名どころのマネパカードキャッシュパスポートがメイン。
周りのワーホリでイギリスに行く人に聞いてもやはり100%の人がどちらかのカードを作っています。

 なぜみんながプリペイドカードを選ぶのか?
やはりお金を持って行く手段として便利で使い易いというのが一番じゃないでしょうか。

プリペイドカードの仕組み

プリペイドカードなのでクレジットカードのように使った額が後から引き落とされるのではなく、事前にお金を入れておいて使った額だけ使った時に引き落とされます。
今多くの人が持っているデビットカードと同じ仕組みですね。

デビットカードとの違いは日本円で預金を入れておき、その後使いたい通貨を選びオンライン上で両替して使うということ。

イギリスに行く場合はもちろん£ポンドになりますが、ユーロやドルなど多数の通貨に対応しているので、例えば30万プリペイドカードに入れておいて20万分ポンドに変えればイギリスで使った時にそのポンドから引き落とされる訳です。

残りの10万分は必要になったらその都度ポンドに変えてもいいし、ヨーロッパ旅行に行くときにユーロに変えて置けば、旅行先で使った時ユーロから引き落としされます。

このように多額の現金を持って行く方法をしてローリスクで大変便利な訳です。

またもう一点みんなが使っている要因としてクレジットカードのようにキャッシュレスでも使えて、ATMで現金を引きおろせるということ。

クレジットカードと違ってATMから現金でおろせると言うのはかなり大きなメリットだと思います。
と言うのも、家を借りる時にデポジットや最初の家賃を現金で払う必要があるからです。

イギリスのBank Account(銀行口座)を持って入れば振込での支払いが可能ですが、最初に家を借りる時にすでにイギリスの銀行口座を待っている人は少ないと思いますので。

マネパカードとキャッシュパスポートどっちが人気?

結論から言うとマネパカードの方が使い勝手が良くみんなが持っています。

マネパカード7割、キャッシュパスポート3割といった感じかな。

私はマネパカードの方レートがよいのでオススメします。
で、超真剣にマネパカードとキャッシュパスポートについての比較サイト作ってます笑

興味がある方は見てみてください。
⇒マネパカードVSキャッシュパスポート

プリペイドカードを使うには日本の銀行口座が必要

プリペイドカードの専用口座にお金を振り込むことで、
プリペイドカードにチャージができるようになります。

全預金をプリペイドカードに振り込むのはあまりにも大胆すぎるので笑
ある程度まとまった額や、必要な金額をその都度マネパカードにチャージするのがよいと思います。

なので私は預金をインターネットバンキングの口座に預けて管理し、その都度必要になったらその口座からプリペイドカードの口座に振り込んでいました。

インターネットバンキングなのでもちろん海外からの振込ができます。

ちなみに私は楽天銀行を使用しています。

私には使い勝手がよく、日本で奨学金の返済をしているので毎月の振込にも役立っています。


 

私は今、ロンドンで働いており、イギリスの銀行口座を作りポンドで給与をもらえるようになったので、ほとんどマネパカードといったプリペイドカードは使わなくなりましたが、正直言ってロンドンに来た当初プリペイドカードがないのは考えられないくらい使用していました。

多くの人は、イギリスで働き始めたら徐々に使わなくなっていくと思いますが、
最初は必需品、持っていないと困ると言うのは決して言い過ぎではないと思います。

ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!

スポンサーリンク






スポンサーリンク



コメントを残す