海外での携帯電話事情|知らないと要注意!周波数の調べ方と確認方法

ワーホリなど長期で海外渡航する場合に必要になるのがSIMフリー携帯。

そしてSIMフリー携帯を選ぶときに知っておかなければならないのがスマホ本体の周波数です。

実は私は周波数について全く知らずSIMフリースマホならばどれでも使えると思っていました。。。がどうやらそうではないらしい。

スポンサーリンク






howtouseaphoneinabroad

周波数とは

周波数とは簡単に言うと電波の種類のようなもの。
この周波数は日本、イギリス、アメリカとその他国ごとにそれぞれ違っています。
国によって使われている周波数が異なるので、渡航先の周波数に対応している携帯端末を使わないとたとえSIMフリースマホであっても使用できません。

SIMフリースマホの周波数の調べ方

携帯端末のスペック情報の中で‘通信機能’という項目が対応周波数を表しています。

例えばSIMフリースマホ定番ZenFone Goの周波数を見てみます。

ZenFone Go

通信機能(=対応周波数)
FDD-LTE: 2,100(1), 1,800(3), 850(5), 800(6), 2,600(7), 900(8), 1,700(9), 800(18), 800(19), 700(28) MHz ※6
TF-LTE:2,600(38) MHz ※6
W-CDMA(HSPA+):2,100(1), 1,900(2), 850(5), 800(6), 900(8), 800(19) MHz ※6
GSM/EDGE:850/900/1,800/1,900MHz

イギリスの携帯周波数

イギリスを含む各ヨーロッパ諸国の携帯電話周波数はこちらのウィキペディアのページから調べることができます。

調べ方としては’List of mobile network operators ‘とインターネットで検索すると諸外国の周波数を知ることができます。

イギリスの周波数↓

uk-mobile-network-operator

SIMフリー携帯端末が渡航先で使えるか周波数を調べる方法

ここで見るべき欄は左から3番目の’Technology’の欄。
ちなみに一番左のOperatorとはイギリスの各携帯会社です。

基本的に自分の使いたい携帯端末の周波数を調べ、見比べて同じ項目があれば使えます。

例えばEE、O2、VodafoneではGMS-1800LTE1800が同じですね。
3はHSPA+2100 MHzLTE1800が同じです。

このように見ていくとZenFone Goはイギリスで使えることがわかります。

どの会社でも使えるのがLTEですが、
LTEは4Gを指します。
4Gが使えるのは嬉しい!

もう一つ、対応しているGMSは2Gです。
昔ドコモのmovaというのがありましたが(私より下の世代は知らないかもw)
あのmovaは2Gです。


 

以上私がわかる範囲でまとめてみました。

一応この調べ方で周波数について知っておけば、
その携帯端末がイギリスでも使えるか確認できます。

イギリスのみならず周波数の調べ方はどの国も同じなので、旅行するときに渡航先の周波数に対応しているか確認できるので安心です。
本当はもっと各用語に意味があるようですが、私には難しすぎて理解できず。。。

イギリスへのワーホリで自分の使いたいSIMフリースマホが使えるか確認するための知識です!
もっと詳しく知りたい方は専門家に聞くことをおすすめします笑

ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!

スポンサーリンク






スポンサーリンク



コメントを残す