イギリスワーホリ応募メールの内容は?必ず書くべきことはコレ!

イギリスのワーホリビザ申請できる権利を得る為には、
募集期間中に応募メールを送信に
抽選に当選しなければなりません。

ワーホリに行く第一歩として必要なのは、
英語力でもなく、コミュニケーション能力でもなく、
募集期間中に正確なメールを送信すること!

スポンサーリンク






hhj

抽選はコンピュータによるランダム抽選で、

当選枠は毎年1,000人。
倍率は10~20倍とも言われています。

募集期間は?

毎年10月~12月あたりに次年の募集要項が発表されます。
実際の応募期間は1月の初め~中旬あたりの3日間。

2016年度は1月11日正午~13日正午まででした。
今年は例年より遅かった!去年、一昨年より1週間くらい遅くなっていました。
ちなみに提示されている募集期間は日本時間なので注意!
気をきかせてロンドン時間で考えないように☆
2016年分は募集期間がアナウンスされるのも遅かったです。
毎日まだか、まだかとチェックしてました笑
募集期間は毎年日時が変わるので必ず最新情報をチェックする事が必要です!
必ず募集期間中に送ることが必須です。

どこに送ればいいの?

2016年度は
YMS2016-APPOINTMENT@vfshelpline.comが
指定されたメール送信先でした。
メールアドレス内の’2016’の部分が毎年その年の数字に変わっていますが、

いきなり違うアドレスに変わることもありえるので、
必ず自分が応募する年の正しいアドレスをチェックしましょう!

応募メールの必要記載事項は?

まず、こちらが私が実際送信して有難いことに当選したメールです☆
(個人情報を消したらだいぶ寂しいかんじになってしまったので、必要記載事項を書いてみました笑)

yms1-1_edited-1

【必要記載事項】
上のメールも一緒にご参照ください。

<件名>
①Name (名前)- day/month/year(生年月日) – パスポート番号

<本文>
Name (名前)
Date of birth (生年月日)
Passport Number (パスポート番号)
Country to submit the application (申請手続きを行う国)
Home and mobile phone number (電話番号・携帯電話番号)

が応募メールに必ず記載しなければならない項目です。
 
⑥の電話番号、携帯電話番号に関してですが、
私は固定電話を持っていないので、携帯電話番号しか記載しませんでしたが
当選しました、、、!
なので同じような方でも大丈夫かと思いますが、
書ける方は必要事項どおりに書いておいた方が安心です!

例えば私の好きな小説家、坂口安吾さんを例にメールの例文を書いてみると、、、笑
(昔の方なので1906年生まれですがw実際に応募できるのは30歳までです!)

<件名>
Ango Sakaguthi-20/10/1906-TH123456789
☆氏名は名前→名字の順
生年月日は日/月/年の順

<本文>
Ango Sakaguthi
20/10/1906
TH123456789
Japan
03-1234-5678
090-1234-5678

☆氏名は名前→名字の順
生年月日は日/月/年の順

となります。

Name、Date of birth等の項目名は書いても書かなくてもいいようですが、
私は一応書いておきました。

Name:Ango Sakaguthi
Date of birth:20/10/1906

という感じで。

イギリスからも応募できるの?

抽選応募メールはイギリスから送信できます。
が、当選できた場合は、イギリス内での申請はできず、
イギリス以外の国で申請する必要があります。

イギリスのワーホリは頻繁に規定が変わるので、
検討している方はこまめにチェックしましょう!

(2016年3月現在の情報です。)

 

☆その他のイギリスワーホリ関連情報→イギリスワーホリガイド|服とロンドン、そして世界

 

ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!

スポンサーリンク






スポンサーリンク



コメントを残す