第二のベルリン?!今キテると噂のライプツィヒに行ってみた|カルチャー編

みなさん、ベルリンと聞いてどんなイメージを思い浮かべますか?
私はロンドンに住んでいると、’ベルリンはロンドンに似てる’というのをよく聞きました。
実際ベルリンに行って見ると、、、ロンドンとは大違い!!(私的に)
まだ東西で分かれていた時の名残も多く見られ、退廃感やスクワット、ロンドンにはない暗くてでもとても力強く根底にあるカルチャーや反骨心にとてもとても惹かれ一気に魅了されました。

そんなベルリンに惹かれた私は’第二のベルリン’と言われるライプツィヒに興味があり、行って来ました、ライプツィヒ!!

スポンサーリンク






spinnerei

私がライプツィヒに行き見たかったものは観光名所より、カルチャーやアンダーグラウンドな部分。
しかし、私は所詮ツーリストでライプツィヒに知り合いもいなく、パーティーの情報やアンダーグラウンドのシーンを見ることはできませんでしたが、街の雰囲気は感じることができました。

最初の印象は、あーなんもねーな、着いた瞬間、あ、もう帰ってもいいかもって思いまし

人種差別主義団体があるのでどうかなと思いましたが、やっぱり一部の人。
ロンドンやベルリンに比べ街にグラフィックが少ない感じ。
ライプツィヒ大学があり、それを中心に街が成り立っている感じもしました。

特に何があるってわけではないものの、街を歩いていると何か底知れぬパワーのようなもっと知って見たいという感情が。

行って見たかった場所が二つ、

モーリッツ・バスタイ(moritzbastei)
学生運動の中心地として使われていたという元要塞、現クラブ!
おもしろすぎる歴史を持つ場所。

シュピネライ(spinnerei)
元紡績工場だった場所に芸術家が住み着くようになり、芸術村と呼ばれるようになった場所。ギャラリーや展示スペースもあり一般の人にもオープンしている。

モーリッツ・バスタイ(moritzbastei)

moritzbastei

ライプツィヒの街は小さいのでトーマス教会などのある中心地からすぐです。

モーリッツ・バスタイ(moritzbastei)
住所:Kurt-Masur-Platz 1, 04109 Leipzig, ドイツ
http://www.moritzbastei.de/

見つけた時は要塞!って興奮しましたが、入り口の方まで行くと要塞というよりはおしゃれなバーって感じでした。

入り口を入るとバーがあり奥に進むとレストラン。

クラブだと思って来たのでちょっとがっかり笑

その奥に部屋があり、そこがクラブになったりするよう。
この日はライブ演奏をやっていて、どんな音楽かわかりませんが、年配のお客さんばかりでした。

この日やる音楽に興味がなかったので入らず。

ビール一杯だけ頼んでささっと帰ってしいましました。笑

学生運動の拠点として使われ、若者たちの文化の中心となっていき1982年にライプツィヒ大学公認の学生クラブになりました。

とても興味深い、個人的にワクワクする歴史を持っている場所で期待しすぎたのか、
要塞感は残っているものの、おしゃれなレストランって感じで少しがっかりな場所でした笑

ライブ演奏を聴いたりクラブになっている時だったらもっと違う印象だったかも!
(むしろそれがメインですよね、、、)

シュピネライ(spinnerei)

シュピネライ(spinnerei)
住所:Spinnereistraße 7, 04179 Leipzig, ドイツ
http://www.spinnerei.de
シュピネライ(spinnerei)への行き方

ライプツィヒ中央駅から電車S1に乗ってBahnhof Leipzig – Plagwitzという駅で降ります。乗車時間は30分くらい。
そこから徒歩10分くらいです。(地図はググってください笑)

駅のガードはグラフィックで埋め尽くされていて目の前は教会というとてもおもしろい光景。駅を出ると閑散としていてひと気がない。犯罪が多そうな街な印象。

同じような茶色の建物をに沿ってずっと歩いていると、すぐ着きました。

spinnerei1

元紡績工場なだけあって地面にはレールが埋め込まれていたり、倉庫だったんだろうなって場所があったり、すでにおもしろい!
ギャラリーが並んでいて自由に出入りできます。

spinnerei2

中でも楽しかったのが、ヤバいくらい大きいペイントや彫刻などアート関連の道具や資材、本が売っている店。

絵の具、石膏ありとあらゆるアート関連のものが売られています。
日本の版画もあった!

spinnerei3

壁にはグラフィック。

もっとめちゃくちゃな感じかと思いましたが各ギャラリーはしっかり手入れされ管理しているようです。

spinnerei4

spinnerei

シュピネライはライプツィヒに来たら是非行って見て欲しい場所。
第二のベルリンと呼ばれライプツィヒがアートで注目されている一つの理由な気がしました。

ブログランキングに参加中です!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
いつもクリックありがとうございます!

スポンサーリンク






スポンサーリンク



コメントを残す